勝川ファミリークリニック

〒486-0931 春日井市松新町1丁目3番地
ルネッサンスシティ勝川1番街4階(クリニックモール勝川内)
電話番号 外来 0568-35-5580  在宅 0568-35-5586


トップページ ごあいさつ 診察案内 施設案内 スタッフ紹介 お知らせ コラム リンク

診療案内


これまでワクチン後進国と言われていた日本も、新しいワクチンが次々と導入され、他の先進国並みになりました。その分、赤ちゃんが接種するワクチンの数が多くなり、どのワクチンをどのタイミングで打てばよいかよくわからないと相談を受けることが多くなりました。ここでは主に乳児が接種するワクチンのスケジュールについて説明します。

2013年4月より、Hibワクチン肺炎球菌ワクチンが定期接種となり、乳児が接種するワクチンが増えました。乳児には月齢によってかかりやすい病気があり、したがって
かかりやすい時期にワクチンを接種しておくことが重要です。2014年10月から水痘ワクチンも定期接種に加わり、2回接種になりました。

2ヶ月;髄膜炎のワクチン(Hib、肺炎球菌)を始めましょう。髄膜炎は2ヶ月からかかり、1歳未満がもっとも多い病気です。髄膜炎のワクチンは3回打たないと免疫ができないため、できるだけ早く初回の3回を終えることが重要です。

3ヶ月;四種混合ワクチンを始めましょう。百日咳という病気は3ヶ月からかかり、乳児がかかると肺炎を起こしたり、気胸や脳出血を起こしたりする怖い病気です。

5ヶ月;BCGを始めましょう。結核性髄膜炎は6ヶ月未満の乳児に多く、早めにBCGを接種することが重要です。

1歳;麻しん風しんワクチンを始めましょう。麻しんは肺炎や脳炎を起こす怖い病気です。Hib、肺炎球菌もこの頃になると免疫が低下してきています。いっしょに追加接種を受けましょう。水痘ワクチン、おたふくワクチンもいっしょに接種できます。

乳児の予防接種スケジュール(例)

2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 8ヶ月 1歳 備考
Hib(ヒブ) - - - 初回は4-8週間隔で3回、追加は7-13ヵ月後
肺炎球菌 - - - 初回は4-8週間隔で3回、追加は1歳
四種混合※1 - - - - 初回は4-8週間隔で3回、追加は1年後
BCG - - - - - - 5-8ヶ月だが、5ヶ月接種が望ましい。
B型肝炎 - - - - 初回は4週間隔で2回、追加は20-24週後
ロタ※2 - - - - - 4週間隔で2回接種、2回目は生後24週以内
麻しん風しん - - - - - - 2回目は6歳
水痘             2回目は6-12ヵ月後
おたふく              

太字は定期接種、その他は任意接種(自費)になります。

※1 四種混合は接種間隔が定められたワクチンです。BCGが2回目と3回目の間に入るため、BCG(接種後4週間はほかのワクチンが打てない。)のだいぶ前に接種してしまうと、接種間隔が8週を超えてしまうことがあります。BCGの1週間から10日くらい前に四種混合の2回目を接種するのが理想的です。

※2 ロタリックスの場合。生後24週を超えると接種できません。

当院の予防接種スケジュール表はこちらです。ご覧になるにはアクロバットリーダーが必要です。




戻る








 


春日井市 JR勝川駅前
Copyright (C) : 2016 KACHIKAWA Family CLINIC. All rights reserved.